なぜ、筋肉を緩めると自律神経が安定し不調が解消していくのか?

うつ、肩こり、頭痛、めまい、ふらつき、不眠など

様々な不調は自律神経が乱れることで起こります。

ではなぜ、自律神経が乱れてしまうのか?

その答えは『筋肉の緊張』にあります。

筋肉が緊張すると・・・

  1. 血流が悪くなる
  2. 脳脊髄液の流れが悪くなる
  3. 呼吸が浅くなる

その結果、体の機能は低下し自律神経のバランスはは乱れてしまいます。

血流が悪くなる

筋肉が緊張することで、筋肉の内側を通っている毛細血管は圧迫され血液の流れは悪くなります。その結果、体の各細胞や神経に栄養と酸素が届かなくなり自律神経は乱れやすくなります。

脳脊髄液の流れが悪くなる

筋肉は骨に付着し繋がっているのですが、筋肉が緊張し収縮することで、繋がっている骨は引っ張られ骨格は歪みやすくなります。その中でも頭蓋骨が歪むと脳に栄養を与えている脳脊髄液の流れが悪くなり自律神経は乱れやすくなります。

呼吸が浅くなる

呼吸をするときは肋骨の周りの筋肉や横隔膜という筋肉を収縮させることで息を吸っています。しかし筋肉が緊張して固くなると、肋骨の周りの筋肉や横隔膜は収縮しにくくなり深い呼吸ができなくなります。

浅い呼吸が習慣化すると交感神経優位になりやすくなり自律神経は乱れてしまいます。

自律神経と呼吸には密接な関係があり、浅くて速い胸式呼吸は交感神経優位に、深くてゆっくりした腹式呼吸は副交感神経優位になります。

 

筋肉は力を入れると収縮し固くなりますが、力を抜いているときは緩むようになっています。

しかし何らかの原因でリラックスしているときでも力が抜けないようになり、持続的に筋肉が緊張した状態になってしまうことがあります。

その主な原因には「偏った姿勢」と「精神的ストレス」の2つがあります。

 

偏った姿勢(骨格のゆがみ)

偏った姿勢は背骨や骨盤などの骨格を歪ませる原因になります。そして歪んで傾いた骨格を支えるために、姿勢を維持している深部の筋肉は緊張し固まってしまいます。

例えば、猫背姿勢では背骨が曲がり頭が前に傾きますが、その頭の重さを支えるために、姿勢を維持するための深部にある筋肉や、首や肩の表面にある筋肉は持続的に緊張した状態になり固まってしまいます。

精神的なストレス(感情の抑圧)

人は怒りや悲しみなど感情を抑え込むとき、無意識に筋肉を緊張させています。

例えば、怒りを我慢してるときは、無意識に拳を握りしめたり、肩やお腹に力を入れています。

また悲しくても泣かないように涙をこらえてるときは、無意識に顔の周りの筋肉を緊張させて固くしています。

このように心の状態は常に体に影響を与えており、我慢や怒りなど精神的な緊張は持続的に筋肉を緊張させる要因になります。

 

体の深部から筋肉が緩むことで、自律神経の乱れは改善し根本から不調は解消していきます。

しかしマッサージや骨盤矯正のような一般的な整体では効果は表面的にしかないため深部にある筋肉は緩めることができません。

当院では優しい刺激で体を深部から整えていくことができる『操体法』という療法を用いて無理なく体の調整を行ない深部にある筋肉を効果的に緩めていきます。

『つながる』と筋肉はゆるむ

人の体は本来、頭から足の先まで全身の筋肉がつながり各部分が連動しながら動いているのですが、骨格が歪み筋肉が緊張した体では、全身のつながりが途中で途切れて連動もしにくくなっています。

しかし、途切れてしまった全身のつながりを再びつなげていくことで、体の各部分は連動しやすくなり、骨格の歪みも整ってきます。そしてそれとともに深部の緊張していた筋肉も自然に緩んでいくようになります。

「操体法」で深部からつながる

当院では自然療法である操体法という整体法を軸に施術を行なっています。操体法では患者さまが感じる心地よさなどの感覚にしたがいながら、ゆっくりと体を動かしていきます。

とてもソフトな整体法ですが、瞬間的に体を内側からつなげて歪みを整えていくことができます。

体がつながることで深部にある筋肉までしっかり緩んでいくので自律神経の改善にとても効果があります。

さとう整骨院

ご予約・お問い合わせはこちら!

075-354-6794

075-354-6794
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
AM9:30~13:00 PM14:30~20:00 
定休日
日曜・祝日と土曜日午後

〒600-8387京都市下京区高辻大宮町123モンテベルデ壬生1F