めまいの原因

めまいの種類

めまいにはいくつかの種類があり、その原因も様々です。なかには重大な病気が隠れている場合もあるので、自分のめまいの種類、そして原因は何なのかを知っておくことは重要です。

 

回転性めまい

回転性めまい

激しいめまいが特徴的で、布団から起き上がろうとすると、壁や天井がぐるぐる回り、直立や歩行が困難になります。状態によっては吐き気を伴うこともあります。

回転性めまいは多くの場合、耳になんらかの問題が生じて発症します。

(なかには脳に原因があるものもあります)

耳に原因があるものは、三半規管の障害、神経に炎症が起こったもの、メニエール病、突発性難聴などがあります。

また耳が原因のめまいでは、耳鳴りや難聴、耳閉感などを同時に伴うこともあります。

浮動性めまい

浮動性めまい

「ふわふわと雲の上を歩いているような感じがする」「頭がフッーとなる」などと表現されます。

回転性めまいの症状が激しいのに対して、浮動性のめまいはふわふわと緩やかです。しかし症状が長引くことが多いです。

また浮動性めまいは原因がはっきりしにくいとされています。高血圧・低血圧、糖尿病、ストレス、眼精疲労、そして自律神経の乱れなどが原因になります。

浮動性のめまいの中には脳に問題があるものもあるので注意が必要です。

浮動性のめまいと一緒に頭痛や顔や手足のしびれ、運動麻痺、ろれつが回らないなどの症状があれば要注意です。

眼前暗黒感(立ちくらみ)

眼前暗黒感(立ちくらみ)

急に立ち上がった時や風呂上がりに急に目の前が真っ暗になるものが眼前暗黒感です。

原因としては、低血圧や貧血、動脈硬化などが原因で脳に送られる血流量が不安定になることや、自律神経のバランスが乱れることで起こるものもあります。

慢性的な肩こりや頭痛、イライラや不眠などの不調がめまいと一緒にある場合は自律神経失調症が考えられます。

めまいの原因

耳に原因があるめまい

良性発作性頭位めまい症

耳石(じせき)という平衡感覚を感知するための組織が耳の奥にあります。その耳石がはがれ落ちて三半規管の中に入ってしまうことで回転性のめまいが起こります。

寝返りをうったり、体勢を変えて頭の位置が変わったときに目が回ります。

メニエール病

耳の奥にある内耳はリンパ液によって満たされているのですが、そのリンパ液が過剰になり内リンパ水腫になることでメニエール病が起こります。

回転性の激しいめまいが起こり、吐き気や冷や汗、難聴、耳鳴りを伴う場合もあります。

前庭神経炎

ウイルスによる感染が原因と考えられています。回転性の激しいめまいが一週間近く続きます。吐き気や嘔吐、冷や汗を伴いますが、難聴や耳鳴りの症状は伴ないません。

突発性難聴

突発性難聴の原因ははっきり分かっていませんが、ウイルス感染や血液の循環障害との関連があるといわれています。片方の耳が突然聞こえにくくなる症状なのですが、それ以外にも、めまいや耳鳴り、耳が詰まった症状が現れます。

外リンパろう

勢いよく鼻をかむ、力仕事をする、トイレでいきむなど力を入れた拍子に内耳の髄液圧が上昇し小さな穴が開くことで、めまいや難聴の症状が現れます。

脳に原因があるめまい

脳梗塞・脳出血

めまいの他に運動・感覚障害、痺れ、しゃべりにくい、頭痛、吐き気などの症状を伴います。程度によっては命にかかわる病気ですので、一刻も早く受診することが大切です。

その他の原因

自律神経失調症

自律神経が乱れることで様々な不調が体に現れます。その中でもめまいは頻繁にみられる症状の一つです。また、めまいの原因として最も多いのが自律神経失調症です。

パニック障害

パニック障害では、めまいを伴う強い不安感、激しい動悸、息苦しさ、恐怖感などが突然現れます。広場や電車の中など人がたくさん集まる場所で発作を起こしやすいのが特徴的です。

起立性調節障害

座位もしくは寝転んだ姿勢から急に立ち上がったときに、血圧の調節がうまくできず、めまいやふらつき、動悸、眼前暗黒感(目の前が真っ暗になる)などの症状が現れます。

めまいに対する一般的な対処法

問診

薬物治療

内耳の血流をよくする為の抗めまい薬や循環改善薬、そしてめまいに伴う吐き気を抑える目的で吐き気止め、他にも抗不安薬、ステロイド薬などが症状を抑える目的で使用されます。

外科的治療(手術)

神経を取り除いたり耳に直接お薬を注入する外科手術が、投薬による治療で効果がみられない場合に行われることがあります。

 

運動療法

良性発作性頭位めまいの治療法として行われます。頭や体を傾けたり回転させたりしながら、はがれ落ちた耳石を元の位置に戻していきます。

森林堂でのめまいに対する対処法

施術風景

なぜお薬を飲んでも治らなかっためまいが当院の施術で改善されるのか?

めまいには脳の病気からくるものなど、症状の重いものもあるので、めまいを感じた場合、まず最初は耳鼻科や脳外科を受診して検査を受けられることをお勧めしております。

ただ病院の一般的な治療は耳や脳などにあきらかな器質的な原因があるものを対象としています。その為、検査ではっきりとした原因が見つからないと、めまいの症状はあっても問題はないと判断されてしまいます。

ではなぜ、原因が分からないのにめまいの症状があるのか?

実はめまいの原因の中で最も多いのが自律神経の乱れなのですが、自律神経の乱れは病院の検査では分からないことが多くたくさんの方がめまいの症状はあっても適切な治療を受けられずに困っておられます。

当院ではめまいの原因になっている自律神経の乱れを解消していくための施術を行っていきます。

自律神経を乱す『構造、精神、化学』の3つのストレスに対するアプローチを行なうことで、めまいを原因から解消していきます。

京都自律神経専門整体 森林堂

〒600-8387京都市下京区高辻大宮町123モンテベルデ壬生1F