腰痛

腰痛は8割以上の人が一生のうちに一度は経験するといわれており当院にも小学生からお年寄りまで幅広い年代の方が腰痛の症状で来院されています。

ところで腰痛といっても、痛みの程度や原因は様々です。腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などのように原因がはっきりしているものもあれば、痛みがあっても検査では原因が特定できないような腰痛もあります

実は腰痛の中で原因が特定できるものはたったの20%で、残りの80%は病院では原因不明とされています。

しかし、近年その原因不明の腰痛にはストレスや自律神経の乱れが深く関わっているということが分かってきました。

なぜ、ストレスが腰痛の原因になっているのか?

どうしたら解消していくことができるのか?

こちらのページではそのことをお伝えしていきます。

もしいつまでたっても治らない慢性的な腰痛でお困りでしたら、きっとあなたのお役に立ちますので、ぜひこのまま最後までお読みください。

 

 

なぜ腰痛になる人は多いのか?

もともとは四足歩行に適した骨格の哺乳動物が人類へと進化し二足歩行になったことで腰痛は起こるようになったと考えられています

腰は体の中心にあり土台になっています。足からの衝撃を骨盤で吸収し、同時に上半身の重みも支えています。そのため腰には常に大きな負担がかかっており疲労が蓄積しやすい構造になっています。

筋肉や骨格のバランスが安定していれば特に問題はありませんが、骨盤や背骨を支えている筋力が低下したり、偏った姿勢により骨格に歪みが現れると腰痛は起こりやすくなってしまいます。

 

腰痛に対する一般的な対処法

病院

薬物療法

痛みを抑える目的で鎮痛作用のある薬や固くなった筋肉を緩める筋緊張弛緩薬などの薬が処方されます。

理学療法

運動療法 (ストレッチ・筋力トレーニング)

物理療法 (電気療法・牽引療法・温熱療法)

整体院、整骨院

骨盤矯正、マッサージ、姿勢改善

一般的な対処法だけで改善できる腰痛は、偏った姿勢による骨格の歪みや筋肉の緊張が原因となっている場合です。

その場合は骨盤の矯正やマッサージ、牽引療法などを行い、物理的な原因を取り除くことで腰痛を治していくことができます。

ただ腰痛の原因は不良姿勢による骨格の歪みだけではありません。

実はストレスの蓄積が腰痛を引き起こす根本的な原因になっている場合もあります。

そのため施術を続けているに、なかなか改善しなかったり、慢性的に何度も腰痛を繰り返してしまうという方も多いのです。

当院では、慢性腰痛の根本原因になっているストレスを解消し自律神経の乱れを整えていくための施術を行なっていきます。

固まった筋肉を深部から緩めることで、自律神経は整い慢性的な腰痛を根本から改善していくことができるのです。

もしあなたが、なかなか改善しない慢性腰痛でお悩みでしたら、ぜひ一度京都市下京区、さとう整骨院の自律神経改善整体を受けてみてください。

 

あなたの腰痛はストレスが原因かも!

当院では多くの腰痛にストレスが関わっていると考えています。

検査をしても原因が特定できない腰痛はもちろん、坐骨神経痛や脊柱管狭窄症のように原因がはっきりしている場合でも、なかなか治らない場合はストレスが大きな要因になっている可能性があります。

ではなぜストレスが原因で腰痛が現れるのでしょうか?

ストレスが蓄積することで起こる、

ドーパミンの枯渇・血行不良・体の歪み。

この3つが腰痛の原因になっていると当院では考えています。

ドーパミン分泌の減少

人の体には痛みの感じ方をコントロールするドーパミンという脳内ホルモンがあります。痛みを感じたときはドーパミンが分泌され、痛みが過剰に現れるのを抑えてくれています。

しかし、日常生活でストレスが蓄積していくとドーパミンは枯渇し分泌量は少なくなってしまいます。

すると痛みを抑えコントロールすることできなくなり、今までは感じなかったような小さな痛みまで感じるようになってしまいます。

いつまでたっても解消しないような慢性腰痛は、このようなストレスによるドーパミン減少が影響していると考えられています。

 

自律神経の乱れによる血行不良

日常的にストレスが増えると、交換神経が優位になり自律神経のバランスは乱れていきます。交換神経には血管を収縮させる働きがあるので、ストレス状態が続くと血管は収縮し全身の血流は悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、各細胞に酸素が運ばれにくくなり体は酸欠状態になります。すると体は血流を良くするためにブラジキニンという化学物質を分泌して体を守ろうとします。

しかし、このブラジキニンには血流を良くするだけでなく、痛みを感じやすくするという働きがあります。

そのためストレス状態が続き血流が悪くなると腰痛は解消しにくくなってしまいます。

ストレスによる体の歪み

精神的なストレスが原因で骨格は歪むということをご存じでしょうか?

人は怒りや悲しみなど感情を抑え我慢をするとき、「歯をくいしばる」「拳を握りしめる」といったように無意識に体に力を入れています。

そのため精神的なストレスが大きくなると筋肉は緊張し体は固まっていきます。

筋肉が緊張し固くなると体のバランスは崩れやすくなり、骨盤や背骨にも歪みが現れ腰痛が起こりやすくなります。