耳鳴り

耳鳴りの種類と原因

耳鳴りにはいろいろな種類があります。心配しなくていいものもありますが、中には放っておくと重症化するものもあるので、自分がどのタイプの耳鳴りなのか知っておくことが大切です。

 

自覚的耳鳴り

本人にしか聞こえない耳鳴り

「キーン」「ピーン」といった高音の耳鳴り

高齢者に多い耳鳴りで、加齢によって耳が聞こえにくくなることで、音を聞き取ろうと脳の感度が必要以上に上がり高音の耳鳴りが聞こえるようになります。

「ゴー」「ザー」といった低音の耳鳴り

低音の耳鳴りは肩こりやストレスによって起こることがありますが急に耳鳴りが現れた場合は突発性難聴やメニエール病などが原因で起こっている可能性があります。

他覚的耳鳴り

他の人も聞くことができる耳鳴り

「ガサガサ」「ドクドク」といった耳鳴り

耳の中の小さな筋肉が痙攣する音や耳垢がはがれて動いているときにガサガサとした音が聞こえる場合があります。また心臓の拍動するリズムに合わせて血液の流れる音が何らかの原因でドクドクと聞こえる場合があります。

このような耳鳴りは補聴器をあてることで他人でも聞くことができるのが特徴的です。

注意が必要な耳鳴り

難聴や吐き気、めまいを伴う耳鳴り

耳鳴りと同時に吐き気やめまいを伴う場合はメニエール病の疑いがあります。また突発性難聴は耳鳴りと同時に耳が聞こえにくくなります。突発性難聴の場合はできるだけ早く耳鼻科を受診する必要があります。

 

脳が原因の耳鳴り

耳鳴りの大多数は老化や自律神経の乱れが原因ですが、聴神経に発生する聴神経腫瘍が原因で耳鳴りを起こしている場合もあります。この場合はMRI検査をしないとみつかりませんので、頭痛を伴ったなかなか改善しない耳鳴りがある場合は一度は検査を受けてられることをお勧めします。

病院では薬物療法が基本になり、血液の流れをよくするお薬やビタミン剤、ステロイド剤などが処方されます。

他にも音響療法や認知行動療法が行なわれる場合があります。

耳鳴りには脳の病気からくるものなど、症状の重いものもあるので、いつもと違う耳鳴りを感じた場合、まず最初は耳鼻科や脳外科を受診して検査を受けられることをお勧めしております。

ただ病院の一般的な療法は耳や脳などにあきらかな器質的な原因があるものを対象としています。その為、検査ではっきりとした原因が見つからないと、耳鳴りの症状はあっても問題はないと判断されてしまいます。

ではなぜ、原因が分からないのに耳鳴りの症状があるのか?

実は耳鳴りの原因の一つに自律神経の乱れがあります。自律神経の乱れは病院の検査では分からないことが多く、たくさんの方が耳鳴りの症状はあっても適切な施術を受けられずに困っておられます。

当院では耳鳴りの原因になっている自律神経の乱れを解消していくための施術を行っていきます。

自律神経を乱す『構造、精神、化学』の3つのストレスに対するアプローチを行なうことで、めまいを原因から解消していきます。

もしあなたが、なかなか改善しない耳鳴りにお悩みでしたら、ぜひ一度京都市下京区にあります、さとう整骨院にお越しください。

自律神経といえば、つい心の問題だと思いがちですが、実はそれ以外にも体の歪みや食べる物、気候の変化などが自律神経の働きに影響を与えています。

この4つのストレスが蓄積していくことで自律神経は乱れ、その人の許容量を超えたときに、倦怠感などの症状が現れます。

当院では4つのストレスのうち、おもに『構造的、精神的、化学的』3つのストレスを解消していくための施術や生活改善の方法をお伝えし、根本から自律神経の乱れを解消していきます。

耳鳴りに対する当院の施術

当院では、まずはじめに体の深部から筋肉をゆるめて歪みを整えていきます。

構造的なストレスが解消していくことで、体の機能が上がり精神的なストレスも軽減し自律神経の状態は安定していきます。自律神経が安定することで耳鳴りの症状は解消していきます。

体の歪みを整える

体が歪むと骨格は傾き、その骨を支えている筋肉は固く緊張します。そして持続的な筋肉の緊張は交感神経を過剰に働かせ自律神経が乱れる原因になります。

当院では、優しい刺激で体の深部まで効果的にゆるめ、歪みを整えることができる操体法という療法を用いて全身を調整します。

体の歪みが整い固くなっていた筋肉が緩むことで、過剰な交感神経の働きは抑えられ自律神経は安定していきます。

頭蓋骨の歪みを調整する

頭蓋骨はいくつもの骨が繋がってできており、呼吸をするように膨らんだり縮んだりしながら少しずつですが動いています。

頭蓋骨の下には脳に栄養を与えている脳脊髄液という体液が流れているのですが、頭蓋骨の動きが少なくなると脳脊髄液の流れも滞ってしまいます。

脳脊髄液の流れの減少は、筋肉の緊張や自律神経の乱れを起こし耳鳴りの原因にもなります。

当院では、ソフトに触れながら頭蓋骨を優しく調整していきます。深いリラックス効果があり施術中に寝てしまわれる方もたくさんおられます。

内臓を調整する

運動をして交感神経が働いてるときはお腹は減りませんが、運動が終わってリラックスしているときは副交感神経が働き始めるのでお腹は減ってきます。

このように内臓の働きは副交感神経によってコントロールされており、副交感神経の状態と内臓の働きには深い関わりがあります。

交感神経が優位になっているときは内臓の働きは低下し、動きも固くなっていますが、逆に固くなっている内臓を調整して緩めていくことで、交感神経の働きは抑えられ、副交感神経は活発に働きはじめます。

当院では東洋医学の経絡理論をもとにした方法で、優しく内臓を調整していくので安心して受けて頂けます。

上気を改善する

上気とは頭や顔などに意識が集まり、血液やリンパ液、脳脊髄液などの体液が体の上の方に溜まってしまっている状態のことをいいます。

上気の状態になると、考え事や心配事が頭から離れなくなってしまい、自律神経系の不調が表れやすくなります。

耳鳴りによる不調でお困りの方は上気の状態を解消していくことが重要です。

当院では上気を改善していくための施術と同時に効果的なエクササイズをお伝えしていきます。

生活改善

なかなか改善しない耳鳴りの原因は毎日の生活の中にもあります。根本的に改善していくには、体を整えると同時に毎日の習慣を改善していくことも重要です。

長年の習慣はすぐには変わりにくいものですが、意識して実践していくことで体質は少しずつ変わってきます。

当院ではそのお手伝いをさせていただきます。