生理痛・PMSまとめ

生理痛

症状

生理中の腰痛、腹痛、眠気、吐き気、倦怠感

原因

生理中の痛みや不調はプロスタグランジンという物質が増えることが原因だと考えられています。
プロスタグランジンには子宮を収縮させて不要になった子宮内膜と経血を一緒に体の外に排出する働きがあるのですが、このプロスタグランジンには血管を収縮させて痛みを出す作用があり、プロスタグランジンの分泌量が多過ぎると生理中の腰やお腹の痛み、だるさや吐き気、冷えなどを引き起こしてしまいます。

PMS(生理前症候群)

症状

生理の1〜2週間前から起こる体調不良

 

〇精神的不調
イライラ怒りっぽくなる、憂うつな気分になる、パニックになる

〇身体的不調
下腹部や腰痛、肌荒れ、冷え、体重増加、強い眠気、頭痛

原因

PMSの原因は排卵後から月経までの間に多く分泌されるプロゲステロンにあると考えられています。
この期間は黄体期といいプロゲステロンを多く分泌することで、子宮内膜を厚くして妊娠に適した身体づくりをしますが、一方で脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌は減少しやすくなります。

身体的な変化に関与するプロゲステロンが増え、精神を安定させる働きのあるセロトニンが減少することが生理前の症状を引き起こすと考えられています。

生理不順

症状

生理周期が長過ぎる、もしくは短過ぎる。
生理の期間が長過ぎる、もしくは短過ぎる。

原因

生理不順は卵巣や子宮に何らかの問題があったり、過度なダイエットによる体重減少によって起こることがありますが、最も多い原因は精神的なストレスの蓄積だと考えられています。
ストレスが蓄積することで女性ホルモンのバランスは乱れやすくなり生理周期に様々な影響が現れるようになります。

生理疾患に対する一般的な対処法

・鎮痛剤により痛みを止める

・ホルモンを調節するお薬の服用

・漢方薬

森林堂での生理疾患に対する対処法

生理痛はお薬を飲んで痛みを抑えるということが普通にはなっていますが、一般的な生理薬や痛み止めの薬だけで症状を抑えることができるのは比較的軽度なもになります。

実は女性ホルモンの乱れや偏った生活習慣が生理痛を引き起こす原因になっているため、その原因部分が大きい場合は、お薬だけではなかなか改善できずに、少しよくなったけど痛みや不調が残ってしまうという状態になっている方も多いのです。

当院では、生理疾患の根本原因である女性ホルモンの乱れや偏った生活習慣を改善していくための専門的な施術やアドバイスを行なっています。

東洋医学の理論をベースにした、からだに優しい手技で全身の血流を良くしながら女性ホルモンの分泌に関わる子宮や卵巣の調整を行います。さらにストレスを解消し自律神経を整えていくためのアプローチをしていくことで生理痛を改善させることができるのです。

もしあなたが、お薬で痛みを止めるのではなく根本的な原因から生理痛を解消していきたいという思いをお持ちであれば、ぜひ一度当院の施術を受けてみてください。きっとあなたのお力になれると思います。

 

女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、その卵巣にホルモンを出すよう指示を出しているのが視床下部です。また呼吸や体温、内臓の働きなど身体の様々な働きを調節している自律神経も視床下部の指示によってコントロールされています。

このように自律神経と女性ホルモンはどちらとも脳にある視床下部という部分からの指示によってコントロールされており、視床下部を介して互いに影響しあっています。

そのため自律神経が乱れると視床下部は混乱し女性ホルモンの分泌も乱れてしまいます。そして女性ホルモンが乱れると視床下部を介して自律神経にも乱れが出やすくなってしまいます。

当院の施術

当院では生理疾患の直接の原因となっている血行不良を東洋医学の理論をベースに考案された整体法で効果的に解消していきます。
また女性ホルモンだけでなく、自律神経の乱れが生理疾患に大きく影響している場合もありますので、お一人お一人のお身体に合わせた方法で自律神経の調整も行なっていきます。

京都自律神経専門整体 森林堂

〒600-8387京都市下京区高辻大宮町123モンテベルデ壬生1F