【50代女性】頭痛薬を飲んでも治らなかった頭痛が改善した方

患者

女性 50歳代

来院

2017.11

症状

2週間前から側頭部から後頭部にかけ締め付けられるような頭痛があり、頭痛薬や痛み止めの薬を飲んでも効果がなく当院に来院された。20歳ぐらいから頭痛は頻繁にあったが、これほど痛みがきつくて長引くのは初めてとのこと。

首にも痛みがあり特に顔を左に振り向くと左の頚部に強い痛みが現れる。

他には左手のしびれ、不眠、動悸などの症状がある。

 

 

施術内容

・操体法にて下肢から骨盤、脊椎までを連動させ全身の歪みを整え筋肉の緊張を緩めた。

・腹部の調整

・仙骨、後頭骨の調整

・胸骨の調整

経過

初回施術後、全身の筋肉の緊張が強かったのが緩み体は軽くなったが、頭痛の症状は変化なし。

2回目来院時(3日後)前回よりも頭痛は軽減してきてるとのこと。施術後は体が軽くなり、顔を動かしたときの首や頭の痛みが軽減。

3回目来院時は頭痛の症状、最初が10段階中10だったのが、3ぐらいになってきたとのこと。

4回目来院時は頭痛、動悸、不眠、腕のしびれも解消。肩が緊張してる感覚が少し残ってる。

5回目来院、痛みや肩首の緊張など解消し体調も良く、精神的にもイライラすることがなくなったとのこと。

体の状態も安定しているのでメンテナンス通院に移行。

考察

頭痛が表れた1ヶ月ほど前から仕事が忙しくなり、肉体的な疲労と精神的なストレスがかなり溜まっていたとのこと。

精神的なストレスが大きくなると心臓に負担がかかり心臓の周囲を覆っている筋膜が緊張し、左側の首や腕の筋肉を緊張させることがあります。

今回は左の腕のしびれや左の首や頭に痛みがきつく現れたので精神的なストレスの蓄積が大きく影響していたものと考えられる。

操体法で全身の筋肉を緩めて歪みを整えた後に、心臓の周囲の膜を緩める目的で胸骨を調整し、また自律神経を安定させるために腹部、頭蓋骨、仙骨の調整も段階的におこなった。

今回は疲労と精神的な緊張からくる骨格の歪み、自律神経の乱れが原因で血流が悪くなり、無酸素性の疼痛が頚部や頭部に起こった。

単に筋肉をほぐすだけでなく根本の原因を見極めながらアプローチしていくことが大切だと考えられる。