【40代女性】10年間悩んでいた不安感やめまいパニックが解消した方

患者

女性 40歳代

来院

2019.1

主訴

不安感・めまい

主訴以外の不調

動悸・息切れ・食欲低下・怖くて外食ができない・肩こり・腰痛・イライラ・気分の落ち込み

症状

10年程前からめまいや息切れ、疲労感、気分の落ち込みなど様々な慢性的不調が現れるようになった。また「外で吐いてしまったらどうしよう」という不安感から外食ができないようになられた。

他にも吐き気やふらつき、息苦しさ、不安感が突然きつくなるパニック発作も起こるようになり病院や整体、カイロプラクティックなどへ通院されたがなかなか改善せず当院へ来院された。

施術内容

・頭蓋骨調整

・グランディング(足裏の感覚・重心の調整)

 

経過

2回目

初回の施術後、次の日から数日は体調が悪かった。動悸やイライラ、気分の落ち込みがきつくなった。

3回目

先週から吐き気やイライラ感が減ってきた。

4回目

めまいや息切れ、食欲の低下が楽になってきた。

5回目

体が冷えて少ししんどい時があったが、全体的に楽になってきている。

6回目

忙しさから疲労が蓄積したこともあり、息切れや脚の重みがきつくなった。

7回目

しんどかった日が一日あったが、それ以外は調子よく楽だった。

8回目

初回から週1回のペースで来院いただいてたが、前回は3週間空けても問題なくお身体の状態も安定しているので、月1回のメンテナンス通院に移行。

考察

10年前に大きなショックを受ける出来事があり、それから様々な不調が起こるようになられた。今回は不調の原因となるきっかけが明確だったので、そのことについての捉え方を変えていけるようにカウンセリングもおこなった。

まずは身体の調整を行い全身の血流がよくなり機能が回復したところで精神面へのアプローチも意識して行っていきました。

過去の出来事に対する捉え方が変化し、感情の抑圧が解消されたことが効果的な改善に繋がったと考えられる。